mineo MNP 転入

mineoへのMNP転入 | 初期費用と月額料金について

コイン

MVNO(格安SIM)に転入する際に、一番気になるのがその費用です。

 

せっかく大手キャリアからmineoにMNP転入しても費用が割高になったりしたら何のためにキャリアを移行したのか分からなくなってしまいますもんね。

 

そこで、このページでmineoに移行する際の費用について詳しく見ていきたいと思います。

mineoにMNPする場合の初期費用は?

mineoにMNP転入する場合3,000円(税抜)の契約事務手数料がかかります。
この契約事務手数料についてはどのMVNOでも3,000円と設定されているので、他に比べて安くも高くもありません。

 

mineo側でかかる初期費用はこれだけで、契約時に各クレジットカードから引き落とされます。

 

次に元キャリアでのMNP転出手数料が2,000円かかります。
この他に大手キャリアからの移行の場合は9,500円の契約解除料金がかかってしまう場合があります。悪評の高い2年縛りの解除料です。上手くタイミングが合えば9,500円の契約解除料金は必要ありませんが、大体の方はこの料金が必要になると思います。

 

格安SIMに移行する場合、mineoの契約事務手数料と元キャリアのMNP転出手数料、それに大手キャリアの2年縛りの解除料で合わせて14,500円ほど費用がかかるのが普通です。
これがネックで中々格安SIMに移行出来ない方も多いようですね。

mineoの月額費用について

次にmineoの月額料金について見ていきましょう。

 

mineoはドコモ・auの回線を選ぶことのできるマルチキャリアなためau回線を利用するaプランと、docomo回線を利用するdプランがあります。
現在の料金はデータ通信のみのタイプはaタイプ・dタイプ同額で、音声通話のついたタイプはaプランがdプランより90円安くなっています。

 

《aプラン料金》
mineo料金aプラン

 

《dプラン料金》
mineo料金dプラン

 

データ容量に関しては、一般的なスマホの使い方だと1GBでは少し物足りない方が多いです。他にも1GBと3GBで100円しか変わらないためコストの面からみても3GBの契約が一般的なようです。
また1GBプランで申し込むと、初月に1GBのデータ容量が追加されるため最初は合計で2GB使用する事が出来ます。データ容量を変更するのは手数料がかからないため、1GBで契約して自分の通信容量を確認してから改めてプランを決めるのもいいですね。

 

mineoとの契約にかかる費用は先ほどの契約事務手数料と月額料金になります。
格安SIMは通話量が高いのがネックなのですが、仕事で電話連絡を良くしているといった方以外はLINEやmineoで用意されているIP電話(lalacall)などを上手く使えば、通話料を差し引いても大手キャリアでのスマホ運用費を大きく抑える事が出来ます。

 

現在大手キャリアでのスマホ使用料が10,000円前後の人は格安SIMに移行すると大幅に節約する事が出来るので、一度検討してみるといいですね。

 

mineo公式サイトはこちら

 

mineoへのMNP転入 TOPへ